割と残念な人が行く

人生もはやどうしようもなし、というほどダメではないが、間違いなく駄目である。

SDKを使ってPHPでLINE Messaging APIを扱う

僕がおもちゃの開発で使っているラッパークラスです。

<?php
//LINEMessagingAPIに接続するラッパークラスです。
//line/line-bot-sdk-php を利用しています。
//参考:https://github.com/line/line-bot-sdk-php
class LineMessage {
    private $httpClient;
    private $bot;
    private $channelAccessToken = 'your-channel-acccessToken';
    private $channelSecret = 'your-channel-acccessSecret'
    
    //LINEMessagingAPI接続用クライアントの作成
    public function MakeClient(){
        $this->httpClient = new \LINE\LINEBot\HTTPClient\CurlHTTPClient($this->channelAccessToken);
    }
    
    //LINE BOTのオブジェクト作成
    public function MakeBot(){
        $this->bot = new \LINE\LINEBot($this->httpClient, ['channelSecret' => $this->channelSecret]);
    }
    
    //テキストメッセージのオブジェクト作成
    public function MakeMessageBuilder($strRetrunMessage){
        $textMessageBuilder = new \LINE\LINEBot\MessageBuilder\TextMessageBuilder($retrunMessage);
        return $textMessageBuilder;
    }
    
    //テキストメッセージ送信&結果を受信
    public function MakeMessageResponse($retrunMessage, $replyToken){
        $r_message =  $this->MakeMessageBuilder($retrunMessage);
        $response = $this->bot->replyMessage($replyToken, $r_message);
        return $response;
    }
}


$lineMessage = new LineMessage();
$lineMessage->MakeClient();
$lineMessage->MakeBot();
$objReturnMessage = $lineMessage->MakeMessageBuilder($strReturnMessage);
$lineMessage->MakeMessageResponse($objReturnMessage, $replyToken);

?>

↓ここで作られているSDKをラッピング(語源合ってるのかな)したものです。 

github.com

これも恐らく有志ですね。趣味でやる分にはどんどん使っちゃいましょう。僕のクラスはメッセージ返しているだけですが、画像や選択ボックスを返したりなど、もっと色々な機能があります。僕の方でも(ラッパークラスを)どんどん拡張していきたいと思います。

Gistはこちら→LINEMessaginAPIWrapper.php · GitHub