男だけどストリップショーに純粋に感動した

 彼女が欲しいに始まり、女の子の裸体を見たいとなって、ストリップ劇場に行くことにした。風俗も考えたが、単純に金額が高いし、ストリップの方が新鮮で面白いかなと思った。これは正解だったと言える。

行ったのは東洋ショー劇場

 大阪の天満駅大阪駅の隣駅)から歩いて5分ほどの所に、東洋ショー劇場という少々古ぼけたストリップ劇場がある。今回はここへ行くことにした。

www.toyo-show.com

天満駅を出てマクドナルドの右側の道をずーっと歩き、ファミマの横を右に曲がると、青く古ぼけた建物が見えてくる。パッと見は立体駐車場という印象で、とても劇場には見えない。入り口も利用者の通用口といった雰囲気

入り口から受付へ向かう階段の途中には、女優と思しき方々のポスターがずらりと並ぶ。何となく、そういう場所に来たのだなあ、という実感がわいてくる。階段を登りきったところに券売機があり、買ったチケットを受付のお姉さんに渡すと、以降は建物内で自由に過ごすことが出来る(といっても劇場と休憩用のバーカウンターしかない)。

特に他の用もなかったので、そそくさと劇場内に入って席に着いた。ひとまず劇場の中央にある丸い部分(花道の先っぽ)に近い席に着くのがおすすめ。女優の御開帳シーンやラストの色っぽい演技を一番真近で見ることが出来る。ちなみに下半身のブツを見るのは2人目くらいからどうでも良くなってくるので、ぶっちゃけ席は前目であれば何処でも良い。

性的興奮はそこまでなかった

 行為を共にする相手ではないということと、彼女らが喘ぎ声を出すわけでもないので、正直言ってそこまでの性的興奮は無かった。もちろん、非常に美しい裸体を目の前で見ることが出来きるわけだから、多少の興奮はするのだが、思っていたほどでは無い。

ただし、非常に外見や仕草がツボに入った女優が徐々に脱いでいく姿は、やはり興奮する。抱きたいと思う。改めて彼女が欲しいなあと思った次第。それほどいやらしさが無いので、いつか(まだ見ぬ)彼女と来るのも面白いと思った。

性的興奮以上に、彼女たちの発するエネルギーに感動を禁じえなかったとも言える。

性ではなく生を感じた。

 女優達の演技を見ていて感じたのは、紛れもない力強さだ。人前で堂々と裸体をさらし、力強く踊る。裸体は美しい。程よく筋肉質であり、だらしなく肉が揺れることが無い。そして演技もまた、上手い下手はあれど、やらされているモノではなく、練習に裏打ちされたものであることがすぐに分かる。非常にストイックだ。

俺自身がエンジニアの端くれだからこそ、何かに情熱を持ってストイックに取り組む思いには共感を禁じえない。情熱の出所は純粋に好きだからという場合もあるだろうし、何か見返したい気持ちがあったりして、湾曲したものの場合もあるだろう。しかしそれが何であれ、女優たちの情熱と力強さが伝わってくる。

是非また見に行きたいと思った。

一度は行った方がいいだろう

 ストリップ劇場は、少しずつ減ってきているようなので、行くなら早い方が良いだろう。確かに男の欲望の渦巻く場所でもあるが、芸術としての価値もあるのではないか(無論、俺に芸術の嗜みは無い)。3000円ならば安いものである。

客層は年齢もタイプもかなり多様で、いかにもエロオヤジといった風貌の者から、俺のような20代男性、かなりオシャレなお兄さん(オフィスカジュアル系)まで様々だ。最近は、女性の来場者も増えているらしく、東洋ショーでも確かに疎らには見受けられた。鑑賞スタイルも十人十色で、純粋な娯楽として友人と楽しむ人もあれば、ただ1人じっと演技に目を細める人もいる。

ノスタルジック、エロスが渦巻くストリップ劇場へ、是非一度訪れてみてはいかがだろうか。